つみき

マイホームを建てるなら注文住宅がベスト!

最適な依頼先を選ぶ

婦人

課題解決に熱心な依頼先を

豊橋で新築の家を建てる際は敷地条件が大きく影響します。整った形で広さも充分な豊橋の敷地なら、予め想定していた新築プランで対応できるでしょう。しかし条件が悪い敷地の場合、より敷地に適した設計アイディアが求められます。例えば変形地では建物の配慮に気を配り庭を上手に使うことが必要です。豊橋の密集地や狭小地では空間をできるだけ効率的に使いながら、外部の視線を遮りつつ日照を確保するといった工夫が必要です。斜傾地では立体的に変化をつける家を考えることが大事になるでしょう。プランニングや構造計算などが複雑になると、モデルハウスでどんなに気に入ったプランでも、ハウスメーカーでは対応できないケースがあるようです。予算面を考えてもハウスメーカーの規格化によるコストダウン効果が最も生きるのは、想定された形と大きさの家を新築する場合です。規格外の部材を使ったり、現場での調整が必要なプランになってしまうと、たとえ工事を請けてもらえても割高になる可能性もあるからです。一般的には敷地条件がイレギュラーになるほど建築事務所経由で新築した方が、プラン面でもコスト面でも満足できるといわれます。もちろん建築事務所にはそれぞれの個性や得意分野がありますので、こうした課題解決に熱意を示してくれる事務所を選ぶ必要があります。敷地条件以外でも縦に間取りを展開する3階建て住宅や使い方に配慮が必要な2世帯住宅などは、本当に暮らしやすい家を豊橋につくるには、検討すべき課題が多くあり、特に親身に相談にのってくれる依頼先を探す必要があります。