つみき

マイホームを建てるなら注文住宅がベスト!

安心して住むために

男女

安全安心な家づくり

茅ヶ崎で安心・安全な家を建てるには、土地選びが重要なポイントになります。自然災害をくい止めることは不可能ですが、慎重に土地を選ぶことで災害による住宅の被害を最小限に抑えることはできます。被害をできる限り小さくするには、地盤の状態に注意する必要があります。特に川や沼のそばの土地や付近に田んぼが多い土地などは、どうしても地盤が軟弱なことが多く、地盤改良が必要になるケースがあります。近くに川がなくても地名に川、沼、池など水に関わる文字が使われている茅ヶ崎の土地は要注意です。川や沼地を埋め立てて造成した土地かもしれません。茅ヶ崎の河口や港湾地域の埋め立て地も自然災害時に液状化する恐れがあるので予め確認しましょう。大型造成地は一見して安全に見えますが、盛り土をしたことで同じ区画内の土地に地盤の硬さの違いが生まれ、不同沈下を起こしてしまう可能性があります。この場合も入念な検査と地盤の改良が必要になります。基礎の設計方法は地盤の強さに応じて決まっており、住宅瑕疵担保責任保険でも地盤調査結果の提出が求められるので、現在では事実上地盤調査が義務づけられています。地盤改良の方法は、軟弱地盤の層の深さに応じてセメントと土を混ぜたり、鋼管杭を深く打ち込む方法があります。地盤の他に気をつけたいことは茅ヶ崎の周囲の環境です。最寄駅からの道や周囲の商店などを確認しながら、昼と夜平日と休日など時間や曜日を変えて歩いてみてください。寂しいと感じられる土地でも近い将来都市計画が予定されていることがあります。役所を訪れて、今後の都市計画について確認するのもおすすめです。